美容整形外科で肌に負担が少ない二重治療

生まれつきまぶたが一重の状態で、二重のパッチリとした目になりたいと憧れていたこともあり、アイメイクをする際にはアイテープと呼ばれるまぶたに使用する美容アイテムを利用して、一時的に二重のラインを作っていました。
ただ毎日違うラインでテープを留めていたことが原因で、柔らかいまぶたの皮膚に小さな小じわがつきやすくなり、このままではしわが増えてしまうと不安に感じたので、アイテープの使用をやめて美容整形外科で適切な二重治療を受けることに決めました。
美容整形外科でカウンセリングを受けた際に、二重治療には大きく分けて二種類の方法から選択することが可能だと説明を受けました。一つ目が全切開術と呼ばれるまぶたを切開し、半永久的な二重のラインを形成する方法と、もう一つが医療糸をまぶたに埋め込むことで二重を形成する埋没法です。
埋没法は全切開術に比べて半永久的な効果は得られないですが、大掛かりな手術が必要ないことや日帰りで受けられる点も魅力に感じたので、埋没法で二重治療を受けることにしました。実際に利用した美容整形外科ではスタンダートな埋没法の治療で、両目一点が1万円以下の値段で受けられるので費用を抑えて施術が受けられる点もかなり魅力的に感じました。
施術を行う場合は、事前に医師がカウンセリングを通して希望したまぶたのラインを決めて、2~3箇所に医療糸を留める事で二重のラインを形成することが出来ます。施術にかかった時間は約20分ほどで、カウンセリングを含めても日帰りで受けられるはかなり嬉しかったです。
施術が完了した時点では、若干まぶたが赤くなっていましたがアイスパックなどでしっかり冷やしておくと痛みもなくなり、翌日からは洗顔やメイクも普段通りに出来る点が埋没法の魅力に感じました。まぶたを強く擦らなければ外れる心配がないので、きれいな二重のラインは今も維持出来ているので、仕上がりにはとても満足しています。

まぶたの整形を受けました

小さい頃からまぶたにコンプレックスがあり、整形手術を受けました。と言うのも、二重まぶたではあるのですがまぶたの皮膚が多く端は二重ですが眉間に近い方は一重まぶたに見えてしまいます。アイテープなどメイクによって修正することは可能ですが毎朝時間をかけるのが苦痛でクリニックを受診しました。
クリニックで問診を受けた所、加齢に加えやはりまぶたの皮膚のたるみが原因であり「奥二重」などとも呼ばれるものであるとのことでした。余分な皮膚を除去することが有効であるとの診断でした。具体的にはまぶたの皮膚を一度切開し、余分な皮膚を除去した上で二重まぶたを作る「切開法」と言うものです。切開しない「埋没法」もあるそうですが、個人差はあるものの一定期間を経過すると元に戻ることもあるとのことでしたので切開法を選びました。原因となっている要因や手術からその後のケアまで先生が事細かに説明してくれたのも後押しになったと思います。なお、クリニックを訪れたのが午後と遅い時間だったのもあり、仕事等の都合から翌週に手術を受けることにしました。
手術当日は予約時間通りに進み、強い痛みも感じることなく手術も終わりました。痛みを感じたのは麻酔のチクッとした時のみだったと思います。手術後、まぶたがはれぼったい感じはありましたが事前に術後はれぼったい感じが数日は続くと説明があったので心配することはありませんでした。手術部位のケアについても教わっていたので、1週間も経たない内にはれぼったい感じは収まりました。また、手術から1ヶ月経過した頃にはまぶたの状態も安定し、今ではアイテープなどを使わなくても綺麗な二重まぶたになりました。
何より、まぶたの形が綺麗に整ったのが何より嬉しいです。アイテープを使っていた頃は二重にはできますが目全体の形はそのままでした。正直、自分の目の形は左右のバランスが悪いと思っていました。手術の際、バランスを整えて頂いた効果は出ています。

美容整形外科で小顔治療

子供の時から顔の大きさに悩んでおり、少しでも顔を小さく見せるためにもヘアスタイルやメイクでごまかして来たのですが、髪をアップにする時に顔の大きさは隠すことが出来ないため、どうにかして小顔になる方法はないかとむくみを改善するフェイシャルマッサージや、美顔器を利用したエクササイズなどを行っていました。
しかし顔の余分な脂肪や老廃物を排除しても、エラの張り出した筋肉は改善することはなく、元々の噛みしめのクセが原因となり顔の大きさは変えることが出来ないと諦めていたところ、美容整形外科で小顔治療が受けられると知り利用することに決めました。
美容整形外科と言うと、大掛かりな手術を行わなくてはいけないとイメージしていたので体へのリスクを心配していたのですが、医師からエラの筋肉を部分的に細くする治療方法として提示されたのが「デトックス注射」によるお手入れです。
デトックス注射は発達した筋肉に注入することで、一過性の麻痺を与えることが出来る特徴があり発達した筋肉が動きにくくすることが可能です。そのため動きにくい筋肉はどんどん細くなっていくので、自然に顔のサイズが落ちてシャープなフェイスラインを手に入れることが出来ると説明を受け、体への負担も少なく手軽に行えるプチ整形として施術を受けてみました。
筋肉注射なので注入時は若干の痛みが伴いますが、メスで切開をするよりもずっと楽ですし、注射を行った跡もほとんど残らないので治療自体はとても安心して受けることが出来ました。治療を受けてから約一週間ほどで顔の印象が変わってきて、今まで張り出していたエラの部分が小さくなり、顔が小さくなったと感じました。
また夜間の歯ぎしりの問題も起こりにくくなり、夜の歯ぎしりで歯が摩耗する心配がなくなり、食事もゆっくり食べるクセがついたので食べ過ぎを防いだり、間食をすることが少なくなりダイエットにもとても良い効果を得ることが出来ました。

整形で気になっていた部分を修正できた

美容整形によって、自分の顔で気になっていた部分を修正してもらいました。大手で評判が良いクリニックを選んだおかげで、スムーズにカウンセリングと手術が行われたのです。私は美容整形を利用するのに気後れしていたのですが、実際には通常の病院の診察とほぼ同じでした。患者の話によって具体的に実施する手術の種類と修正する部位を決めて、後は看護師と先生による手術に取り掛かる流れで安心して任せられました。整形では保険外の治療になるため、私の場合はいぼや黒子の除去として予算内にすることを重視しました。
基本的には予約制であり、見た目を変更する治療だけに丁寧な説明があったのが印象的です。初診では手術の種類で担当医が選ばれる仕組みで、幸いにもその手術の専門医となりました。クリニックで急いでいる場合は手が空いている医師が担当するとも説明されて、余裕を持って予約して良かったと感じました。ホームページでもおおよその料金が分かったものの、正式な金額についてはやはり医師の診察を受けた時点で提示されたのです。修正する箇所の正確な大きさを測定して、手術にかかる手間を考慮した上での算出でした。
手術そのものは大成功で、自分により自信を持てる顔になりました。レーザーで手際よく除去していく様子はまさにプロの貫禄で、摘出されたいぼが想像していたよりも大きかったです。ちょうど鼻の部分にできていたので、完全に切除できて本当に助かりました。もっとも、根っこから切除したため、手術が終了した直後には穴ができていたのでガーゼ等で隠してもらう必要がありました。手術の痕跡がなくなるまで多少の時間はかかったものの、完治した後にはいぼがあったとは分からないほど綺麗な状態になったのです。
診察を受けてから考える時間をもらえたので、どこを処置してもらうのかをじっくり考えられました。ホームページから予約をしたことから割引などの特典もあって、とても満足できる結果です。イメージしていたよりも穏やかな雰囲気で、落ち着いて判断できました。

彼氏に浮気され整形することを決意

ずっと自分の顔に自信がなかったのですが社会人になりすぐに彼氏ができ、この顔でも十分やっていけるかもと思い始めていました。彼氏は結構かっこいい方で周りからは「よくあんなかっこいい彼氏をゲットできたね」とか「あんなかっこよかったら浮気されそうじゃない?」なども言われることがありました。でも私は彼氏に選んでもらえたという自信がありましたし絶対に浮気なんてしないと信じていました。彼氏と同棲をしたいと考えていたので必死で働いてお金をためることに集中していました。しかしお付き合いを初めて半年たったくらいに彼氏が浮気をしていることが発覚したのです。本当にショックで涙が止まりませんでした。結局その彼氏とは別れることになり毎日辛くて家にひきこもる日々が続きました。浮気をされた原因はこの自分のブサイクな顔ということはよくわかっていたので私は整形をしてきれいになって元カレを見返してやると考え始めました。とりあえず私は目を二重にすることを決意しました。二重にさえできればあとは化粧を頑張ってきれいになることができると分かったからです。いろいろ調べてみたら二重手術は20万円くらいでできることがわかりました。元カレと同棲をするためにお金を必死で貯めていたので20万円はすぐに出すことができました。二重手術を口コミで人気のクリニックにしてもらったのですがすごく満足できる顔に慣れました。目が二重になっただけで可愛くなれこんなに自分に自信が持てるんだと感じました。整形手術には賛否両論あると思いますが、私の場合はきれいになったことで自分に自信がもてましたし性格も明るくなることができ整形手術をして本当によかったと感じています。彼氏に浮気をされた時はショックでしたがそれがきっかけになり整形手術を決意できたので今では浮気されてよかったと思うくらいです。私は二重にしたことでコンプレックスのかたまりだった自分と決別ができました。

整形外科の先生はとても親切で安心できました

学生の頃からずっと自分の顔のエラが気になって仕方がありませんでした。いくら化粧をしてもエラが目立ち顔も大きく自分は一生きれいになることなんてできないと思っていました。エラがはっていて顔が真四角に見え、帽子をかぶってもエラが強調されるだけなのでおしゃれで帽子をかぶることもできなくどんどんテンションは下がっていっていました。顔の形が卵型の友達を見るだけで悲しくなっていましたし外にも出たくないと感じていたくらいです。そんな時に友達から「そんなにエラが気になるなら整形手術をした方がいいんじゃない?」と言われました。友達からそのようなことを提案されるまで整形手術なんて考えもしなかったので驚きました。それからクリニックのホームページなどをチェックして必死で費用とか手術に必要となる日数なども調べました。口コミ(一重を眼瞼下垂&目頭切開で二重整形した男のブログ | 手術前後と経過 )なども読みどのクリニックがいいのかも調べましたし、整形手術の実績なども調べてどこがいいか徹底的に比較をしここだと思ったクリニックに駆け込みました。
最初にカウンセリングを行ってもらえたのですが、その時に私は自分のエラについて相談をしました。今まで何年も悩んできたことだったので悩みを話しているうちに自然と涙が出てきて涙が止まらなくなったのを覚えています。でも先生はすごく優しく聞いてください私に最も最適なエラの除去手術を紹介してくれました。整形手術をするということは親からもらった顔を手放すということになるのでやはり少しだけ申し訳ないという気持ちもあったのですが、どうしてもエラをなくしたいという気持ちがあり整形手術をすることを決意しました。不安な気持ちもありましたが整形をしてエラがなくなり毎日とても満足しています。エラがなくなったので帽子をかぶったり髪型を変えたりいろいろなおしゃれを楽しむことができるようになりました。以前の自分とは別人のように明るくなれ周りからもすごくいいと言われます。整形をしてよかったと思う毎日です。

美容整形外科で受ける医療脱毛の効果

普段から全身のムダ毛の処理は、カミソリや電気シェーバーを利用してセルフケアを行っていたのですが、お手入れの頻度が高くなることで肌トラブルが起こりようになり、デリケートな脇の部位などは色素沈着が目立つようになってきたのでケア方法を見直すことに決めました。
エステサロンや脱毛サロンを利用して脱毛ケアを行う方法も考えたのですが、完全にムダ毛が目立たなくなるまで数年かかってしまうサロンも多く、何度も繰り返しケアを受けるのは面倒だと感じたので、短期間で確実に永久脱毛を行える医療クリニックの医療脱毛を受けることにしました。
医療脱毛を提供しているクリニックは数多くありましたが、中でも幅広い美容治療を行い、治療実績も高い大手の美容整形外科での医療脱毛が口コミ評価も高く安全にケアすることが可能だと判断したので予約を入れて施術を受けることに決めました。
美容整形外科では当日にいきなり脱毛ケアを始めるのではなく、まず医師とマンツーマンで肌質や毛質の状態のカウンセリングや、医療レーザー脱毛機を利用して行う施術の詳しい説明を受けるなど、サポート体制がきちんと整っていることに驚き、実際に医療レーザーを行う際には肌トラブルが起こらないか確認をするためにも、照射テストを行ってから本格的な施術に入りました。
照射時の痛みは輪ゴムで軽く弾かれる程度だったので、医師からは麻酔処置を行うこと可能だと言われましたが、実際は麻酔なしでも問題なくケアすることが出来てよかったです。今回はとりあえず脱毛効果を実感するためにも、両脇のお手入れをお願いしました。照射範囲が狭いこともあり両脇のお手入れは約10分ほどで完了するなど短時間でのお手入れが行えたのがとても驚きましたし、施術後はスタッフの方が丁寧に保湿を行うなどアフターケアをしてくれたのもよかったです。
自宅でのお手入れ方法もきちんとアドバイスをしてくれますし、継続して利用することが出来ました。