美容整形外科で小顔治療

子供の時から顔の大きさに悩んでおり、少しでも顔を小さく見せるためにもヘアスタイルやメイクでごまかして来たのですが、髪をアップにする時に顔の大きさは隠すことが出来ないため、どうにかして小顔になる方法はないかとむくみを改善するフェイシャルマッサージや、美顔器を利用したエクササイズなどを行っていました。
しかし顔の余分な脂肪や老廃物を排除しても、エラの張り出した筋肉は改善することはなく、元々の噛みしめのクセが原因となり顔の大きさは変えることが出来ないと諦めていたところ、美容整形外科で小顔治療が受けられると知り利用することに決めました。
美容整形外科と言うと、大掛かりな手術を行わなくてはいけないとイメージしていたので体へのリスクを心配していたのですが、医師からエラの筋肉を部分的に細くする治療方法として提示されたのが「デトックス注射」によるお手入れです。
デトックス注射は発達した筋肉に注入することで、一過性の麻痺を与えることが出来る特徴があり発達した筋肉が動きにくくすることが可能です。そのため動きにくい筋肉はどんどん細くなっていくので、自然に顔のサイズが落ちてシャープなフェイスラインを手に入れることが出来ると説明を受け、体への負担も少なく手軽に行えるプチ整形として施術を受けてみました。
筋肉注射なので注入時は若干の痛みが伴いますが、メスで切開をするよりもずっと楽ですし、注射を行った跡もほとんど残らないので治療自体はとても安心して受けることが出来ました。治療を受けてから約一週間ほどで顔の印象が変わってきて、今まで張り出していたエラの部分が小さくなり、顔が小さくなったと感じました。
また夜間の歯ぎしりの問題も起こりにくくなり、夜の歯ぎしりで歯が摩耗する心配がなくなり、食事もゆっくり食べるクセがついたので食べ過ぎを防いだり、間食をすることが少なくなりダイエットにもとても良い効果を得ることが出来ました。