まぶたの整形を受けました

小さい頃からまぶたにコンプレックスがあり、整形手術を受けました。と言うのも、二重まぶたではあるのですがまぶたの皮膚が多く端は二重ですが眉間に近い方は一重まぶたに見えてしまいます。アイテープなどメイクによって修正することは可能ですが毎朝時間をかけるのが苦痛でクリニックを受診しました。
クリニックで問診を受けた所、加齢に加えやはりまぶたの皮膚のたるみが原因であり「奥二重」などとも呼ばれるものであるとのことでした。余分な皮膚を除去することが有効であるとの診断でした。具体的にはまぶたの皮膚を一度切開し、余分な皮膚を除去した上で二重まぶたを作る「切開法」と言うものです。切開しない「埋没法」もあるそうですが、個人差はあるものの一定期間を経過すると元に戻ることもあるとのことでしたので切開法を選びました。原因となっている要因や手術からその後のケアまで先生が事細かに説明してくれたのも後押しになったと思います。なお、クリニックを訪れたのが午後と遅い時間だったのもあり、仕事等の都合から翌週に手術を受けることにしました。
手術当日は予約時間通りに進み、強い痛みも感じることなく手術も終わりました。痛みを感じたのは麻酔のチクッとした時のみだったと思います。手術後、まぶたがはれぼったい感じはありましたが事前に術後はれぼったい感じが数日は続くと説明があったので心配することはありませんでした。手術部位のケアについても教わっていたので、1週間も経たない内にはれぼったい感じは収まりました。また、手術から1ヶ月経過した頃にはまぶたの状態も安定し、今ではアイテープなどを使わなくても綺麗な二重まぶたになりました。
何より、まぶたの形が綺麗に整ったのが何より嬉しいです。アイテープを使っていた頃は二重にはできますが目全体の形はそのままでした。正直、自分の目の形は左右のバランスが悪いと思っていました。手術の際、バランスを整えて頂いた効果は出ています。